読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

les feuilles

ルボア卒業生AMPP認定マスター/メディカル・フィトテラピストによるフィトテラピーな毎日

ハーブバターのレシピ

 

みなさま、初めまして。

今日からブログリレーに参加させていただきますsayakaです。
 
私は、約6年前にルボアを卒業しました。今年の夏、久々にルボアの講座を受講し、そこからのご縁で参加させていただくことになりました。どうぞよろしくお願いします^ ^
 
私がルボアにいた頃、アロマテラピーやハーブについては熊谷千津先生に教えていただきました。
ガーリックハーブバターは、熊谷先生を追いかけて(笑)外部の講座に参加した時に初めて作りました。その美味しさ、自分でハーブバターを作った喜びでとても感動したのを覚えています。
 
それから何度も作るうちに、自分好みのレシピが出来上がりました。今回は、そのレシピをご紹介します。
 
【レモンとミントのハーブバター】
f:id:lebois_medi02:20151001193128j:image
◎材料◎
バター50g
レモン汁小さじ1
レモンの皮 1/8をみじん切りかすりおろし
ミントの葉 みじん切り小さじ1
 
◎作り方◎
①バターは室温に戻しておく。
②①にミント、レモンの皮、レモン汁を入れ、練りながら混ぜる。
③容器に入れて、冷蔵庫で冷やし固める。
 
【ガーリックハーブバター】
f:id:lebois_medi02:20151001193104j:image
◎材料◎
バター50g
好きなハーブのみじん切り小さじ1
ニンニク すりおろしかみじん切り小さじ1〜1/2 (お好みで)
①バターは室温に戻しておく。
②①にハーブ、ニンニクを入れて練りながら混ぜる。
③容器に入れて、冷蔵庫で冷やし固める。
ハーブは好きなもので作れますが、これはイタリアンパセリローズマリー(柔らかい葉のみ)で作りました。
自分好みに作れるので楽しいですね!
パセリやバジルは作りやすいです。
ニンニクは火を通していないので、ガーリックハーブバターを使うときは、火を通す料理に使うと味がマイルドになります。
 
※容器は、煮沸消毒したものなど清潔なものをお使いください。
※この分量で、直径6cm、深さ3cmの容器に入ります。
棒状に冷やし固めると、使う量だけ切れるので使いやすいです。
※冷蔵庫で約1週間、冷蔵庫で約1ヶ月保存できます。
 
ハーブバターは、野菜、魚、肉、米、パスタやパンにもよく合います。
ハーブバターの良さは、バターだけを使うより、少ない量で風味が増して料理が美味しくなるところでしょうか!^ ^
減塩にもつながります。
 
ハーブバターを作る時、私はルボアや熊谷先生、クラスメイトのことを思い出します。それは、6年経っても本当に素敵な思い出です。ルボアでの経験で、自分の世界が広がりました。
時が経ち、またこうやって同じ目的を持つ方々と出会えてとても嬉しいです。
今回は思い出の一品をご紹介しました!
フィトテラピーが、もっと身近なものになりますように…☆