読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

les feuilles

ルボア卒業生AMPP認定マスター/メディカル・フィトテラピストによるフィトテラピーな毎日

恋するハロウィンナイト

ハロウィンです。

渋谷がえらいことになっていて、昨日は終電を過ぎても仮装の人がたくさんいて、いつものカオス感+50%増しくらいになっていましたが、今日は本番当日!

さらに前日比200%といったところでしょうか。

 

この寒空の下、そんな仮装をして楽しそうに写真を撮っている人たちを見ると

「でも、なんか幸せそうかも〜」

と思ったので、今日はハッピーホルモンについて書きたいと思います。

(※ちなみに私はNO仮装でした)

f:id:phyto_yuri:20151031161435j:plain

ハッピーホルモン…なぁんて、名前からご機嫌な響きですが、実にその通り。

ヒトを興奮させたり、やる気にさせたり、そして誰か(何か)を愛しいと思わせたり…名実ともに”ヒトを幸福(ハッピー)な気分にさせてくれる” ホルモンです。

 

ドーパミン/アドレナリン

別名『やる気ホルモン』とも呼ばれ、人をポジティブな気持ちにさせてくれる大切な神経伝達物質ドーパミンとアドレナリンはほぼセットで分泌されます。

 

セロトニン

 通称『幸せホルモン』と呼ばれ、ヒトの感情をコントロールし、心を安らかにしてくれる神経伝達物質。現代病とも言われるうつ病はこのセロトニンが欠乏したり、作れなくなって起きる病気です。

 

オキシトシン

『LOVEホルモン』『抱擁ホルモン』と言われ、誰かを愛おしいと思う気持ちをもたらすホルモン。大好きな異性、大切な人とのスキンシップ、それで感じる幸せ感や安心感が合わさり分泌される脳内物質。

赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激で、母親の中でオキシトシンの分泌が促進され、我が子への愛しさが急増する事は中でも有名な例です。

 

このようなハッピーな気持ちを作るには、フィト的アプローチも有効だと私は思います。

 

いくつかある中でも今日はお気に入りの2つをご紹介( ´ ▽ ` )ノ

1.食べる

ハッピーホルモンの1つのセロトニン。これは朝日を浴びる事、規則正しい生活の他に、トリプトファンやビタミンB6といった栄養分を摂ることで作ることができます。

トリプトファンはチーズや大豆、穀類など、ビタミンB6はナッツ類やレバーに多く含まれます。

ちなみに…私の特にお気に入りはバナナ。筋の部分に多くのトリプトファン、そして実の部分にはビタミンB6を含むため、一気に2つを摂れちゃいます☆

f:id:phyto_yuri:20151031163619j:plain

▲筋を取り去りたい気持ちはありますが、そこはぐっと抑えて!セロトニンの材料だけでなく、エネルギーもフィトケミカルも摂れる、かなりありがたい存在!私はほぼ毎日お世話になっています

 

2.塗る・香る(嗅ぐ)

マッサージに行くのも、もちろんGOODですが、家でのセルフマッサージは日々手軽にできてオススメです。ルボアから新しく発売された『センシュアルマッサージオイル』は女性のセンシュアリティー(官能性)に着目して丁寧に作られたもの。

お風呂上がりにリンパやセンシュアルラインを意識したマッサージは自分を愛する気持ちと共にハッピーでホッとした安心感で満たしてくれます。それはきっとセロトニンも増やしてくれるはず!

f:id:phyto_yuri:20151031165437j:plain

 ▲このオイル、そしてセンシュアルラインについての詳しい説明はこちらをどうぞ^^

http://intime-cosme.com/sensual-massage-oil/

 

今日ご紹介した3大ハッピーホルモンは、しばしば「恋」に置き換えて例えられます。

 

ドーパミンの恋。

長くて3年と言われ、いわゆる ” 興奮と快楽をもたらす ” 恋愛です。

セロトニンの恋。

ドーパミンの恋から、良好な人間関係を続けると ” 穏やかな幸せ感 ”が得られる恋愛に移行できます。

オキシトシンの恋。

そこからさらに関係が深まると ” 愛と絆”の一生ものの恋に昇華できるそうです。

 

恋する気持ちは女性のエストロゲンを刺激し、女性を美しくさせると言われます。

どの恋にしろ、美をもたらしてくれるならそんな嬉しいことはありません。

 

でもやっぱり…オキシトシンの恋を目指したい!と思う、ハロウィンナイトのフィトなユリでした。

 

f:id:phyto_yuri:20151031181656j:plain

▲昨日、渋谷にて。ね、ハッピーそうでしょ?^^ ハッピーハロウィン♪