読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

les feuilles

ルボア卒業生AMPP認定マスター/メディカル・フィトテラピストによるフィトテラピーな毎日

末広がりで人の頭に立つお野菜

mimuraです。

 

クリスマスも終わり、もう今年もお終い。はやすぎるでしょ~( ゚Д゚)。
今年は暦上、年末年始のお休みも少なく、バタバタと大掃除とお節の準備です。
明日からですけどっ。

ところで、先日お野菜を毎度お願いしている農家さんから立派な『八つ頭』が届きました。

f:id:phyto-mimura:20151227203610j:plain

 

12月にスーパーでお目見えするこのお野菜、八つ頭。
実は、親芋と子芋が7~8個ごつごつとくっついたお野菜で、題名の通り『末広がりの八、人の頭に立つ』ということから縁起がよいとしてお節によく使われます。

皮が剥きにくくて内心すごぉぉぉぉく面倒なのですが、縁起物ばっかりお節に入れたい私は、今年も爪の中を真っ黒にしながらこれでお煮しめを作ります。

でもせっかくだからしっかり効能を確認しましょう。

里芋との違いは、まず粘り気が少なく、ほくほくした食感であるということです。
しっかりした肉質でちょっとでお腹がふくれる程。
そして里芋に比べてカルシウムが数倍近くあるのも特徴です。
里芋ほどではありませんが、やはりぬめり成分としてガラクタンやムチンなどが多く含まれています。

ガラクタンは、脳細胞を活性化させて老化やボケを防ぎ、免疫力を高めがん予防に効果があるとか。
ムチンは胃や腸の潰瘍を予防して肝臓機能を高めてくれます。

このぬめりですが、八つ頭だけでなく、里芋その他、私は下茹でしてとったりはしません。
せっかくですもの、ぬめりもできる限りそのまま頂きたいですよね。
いやいや、まさか決して下茹でが面倒くさいとか、そんなことではございませんです( ̄▽ ̄)、はい。

皆様もお忙しいと思いますが、ぜひこの剥きにくいお芋、八つ頭で四苦八苦しながら、カルシウムやぬめり効果を感じながら、新しい末広がりな年を迎えましょ~う。
末広がり・末広がり~♪

さて、本年最後の投稿となりました。
blogを開始してから約5ヶ月間、毎度ドタバタmimura家のフィトライフにお付き合い下さいまして本当に有難うございました。
あまりスマートでかっこよくはないけれど、それでもフィトに支えられない日はない毎日でした。
とは言え、来年はもうちょっと賢く、スマートに?って出来るかな~?したいな~(笑)

こんな私でございますが、来年もどうぞどうぞ宜しくお願い申し上げます。

皆様も良いお年を♪

mimura 拝