読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

les feuilles

ルボア卒業生AMPP認定マスター/メディカル・フィトテラピストによるフィトテラピーな毎日

ラベンダーが好き

kimikimi アロマ

f:id:lebois_medi02:20160208005044j:plain

この写真は、WEB登録会員へ生活の木が配信してくれている写真です。

いつみても うっとりします。

そして、下の写真は、AMPPメディカルフィトテラピストになって5年。私とともに歩んでくれたボトル。白いのは、南仏のAOCグレードの精油。アルミのボトルは、ラベンダーのフローラルウォーターです。いつもいつも持ち歩いているので、すっかり年季ものです。ボトルにきれいなラベンダーの花のラベルが貼られていたのに、もう、ツルツルです。新しいのにすればいい・・・とは思いません。私の原点なので、大切に大切に。火傷・きず・にきび・口内炎・日焼け・虫さされ・虫よけ・アトピー性皮膚炎、本当に本当にお世話になっているラベンダーです。

f:id:lebois_medi02:20160208005505j:plain

精油はパリで買ったものなので、無くなってしまったら終わり・・・どうしようと半べそ状態の気持ち。そんなとき、探し求めていた香りに出会いました。「ポビュレーション」と呼ばれる種子から育てられた真正ラベンダーの精油です。毎年限定数だけ、生活の木で販売されています。プロバンスの山の一番高いところに栽培されるこの精油は、洗練されたフローラルな香りです。オーストラリアのタスマニア精油も、強く、たくましい、野生の香りがして、何とも安心感があります。

そして、これが私のいわばツールの一部。前列は全部ラベンダーです!

f:id:lebois_medi02:20160208005218j:plain

 

そしてとうとう! 白いボトルのラベンダーを超える 本当に素晴らしい精油と出会うことができました。この透明な香り、心は一気にプロバンスの夏へと導かれていくのです。その香りの美しさは、そのまま作用のハイレベルを意味すると私は思っています。メディカルフィトテラピストとして、サンプル対象5名で、すでに1ケ月の臨床。実験中。手ごたえを感じています。

今週2月11日「ホンモノの精油のお話し」と題して、南仏のワイルドラベンダーを栽培する農家さんへ弟子入りして精油づくりを手がけられている ある日本人の女性をお招きして スペシャルセミナーを開催します。

https://www.facebook.com/events/1536791413316212/

自然に逆らわず丁寧に丁寧に育てられたワイルドラベンダー。ひとりでも多くの方にその意味を伝えることができればと思っております。地球規模でさまざまな感染症が発生したり、抗生物質クライシスという深刻な問題が懸念されていたり。抗生物質が効かないということは、化学的な処方のなかった時代へと逆戻りするということ。ラベンダーの精油で蚊に刺されないようにする。実はこれ、とても大切なこと。命を救ってくれるほどのこと。それができるのがホンモノのラベンダー。

小さな大切なことをフィトテラピストとして伝えていきます。私が主宰する「フィトテラピー実践講座・美と健康セミナー」では、生活ですぐ役立てていただけることを、座学と実習、どきどきフィールドワークで参加されるみなさん同士で意見交換しながら学んでいきます。ご興味のあるテーマの時に、ぜひ、ご参加ください。みなさんのご参加をお待ちしております。

 FBでご案内しております。もしくは、個別にご連絡をお待ちしております。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100010266606340

 

メディカルフィトテラピーセンターTOKYO 

 

主宰・横井公恵 kimie0913@nifty.com