読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

les feuilles

ルボア卒業生AMPP認定マスター/メディカル・フィトテラピストによるフィトテラピーな毎日

cotton❤️

cotton製品が大好きです❤️

その肌触りに陽だまりを感じ、私はなんだかホッとします。肌への刺激や負担が少ないところもコットンが大好きな理由です😊

ソフトな肌触りにしたい私は、柔軟剤がmust itemです。最近のお気に入りはecostore❤️
f:id:lebois_medi02:20170510225909j:image
ecostore : 自然豊かな国、ニュージーランドで生産される「エコストア」の商品は、本国では90%以上の店舗のセレクト支持率を誇ります。下記5つのこだわりを持ちながら、キッチン、ランドリーなど家庭用洗剤からベビー用品まで扱う自然派製品の老舗ブランドです。
①環境への安全性
②再生可能なベストパッケージ
③全成分の公開
動物実験をしない
遺伝子組み換えでない

小さな頃アトピーに悩まされていた私は、衣類と肌への刺激の因果関係について、ずっと気になっていました。現在は症状もすっかり良くなりましたが、化学繊維の服ばかり着ていると何だかムズムズ落ち着きません。。

肌がかゆい!その原因は⁈
痒みは、肌と衣類の摩擦により起こるといわれています。そんな摩擦や外的な刺激を減らすために、肌を乾燥から守る保湿が有効に作用します。

乾燥が乾燥をよぶ⁈
肌が乾燥すると皮膚の表面を覆っていた皮脂が減り、肌表面は乾燥しやすくなります。さらに皮膚表面の角質がはがれやすくなり、乱れた角質間の隙間から水分が蒸発、いっそう乾燥が進みます。そうなると外部からの刺激も入りやすい、敏感肌になってしまいます。

静電気でさらに摩擦増⁉︎
衣類による摩擦は乾燥している時のほうが起きやすく、静電気による刺激が摩擦の力を強めてしまいます。肌を保湿することで、衣類のすべりがよくなり、摩擦が少なくなっていきます。

※お肌の保湿につきましては、昨年のblog「乾燥肌対策‼︎」をご参照ください😊

刺激&摩擦を減らすには⁈
こうした刺激や摩擦を少なくする衣類の「素材」選びが大切になってきます。
乾燥からくる痒みはもちろんですが、摩擦力の強い「化学繊維」が原因で、痒みを感じる人が増えているそうです。

自然素材の服❤️
コットンやシルクなど自然素材の衣類を選ぶことで、摩擦を少なくして肌への負担を減らせます。中でもシルクは、肌にあたったときの衝撃が一番少なく、肌荒れ症状の軽減に繋がります。また、柔軟剤を使用すことで衣類の滑りがよくなり、肌への負担をより減らすことができます(柔軟剤も肌に優しいタイプを選んでくださいね)。

私のまわりのコットン製品❤️
f:id:lebois_medi02:20170510230001j:image
Ron Hermanなら色々なブランドのコットン製品を見つけることができます。fitting roomも広いので、ゆっくり試着ができますよ)three dotsは他店で購入しました)😊

f:id:lebois_medi02:20170510230038j:image

f:id:lebois_medi02:20170510230059j:image
直接肌に触れるものだから、下着もコットン混を選びます。”KID BLUE”がお気に入りです❤️
f:id:lebois_medi02:20170510230116j:image
冬場のタイツもやっぱりコットン混!
f:id:lebois_medi02:20170510230212j:image
身につけるものではありませんが、デスクで飲むためのティーバックも、コットン❤️
f:id:lebois_medi02:20170510230228j:image

f:id:lebois_medi02:20170510230244j:image