読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

les feuilles

ルボア卒業生AMPP認定マスター/メディカル・フィトテラピストによるフィトテラピーな毎日

魅力的になる方法。

魅力的な人、
おしゃれな人は自分を知っている人。


では、自分を知るにはどうするか?


それは、自分の本音と向き合うことだと思います。


フィトテラピーを日常に取り入れることは、
自分と向き合うこと、
慈しむ時間を持つこと、
自分の魅力を知ることでもあります。


パリジェンヌの薬箱」
神津まり江 著

f:id:lebois_medi02:20160505180229j:image

この本は、パリジェンヌの日常使いのフィトテラピー(アロマ、ハーブなどを植物の力を使う植物療法)について、知ることが出来ます。

ちょっとした不調に気づいた時、フィトテラピーを取り入れて自分でバランスを整える。

よりイキイキとした魅力的な自分になる。


そんなパリジェンヌフィトテラピーの取り入れ方が書いてあります。

日本で購入出来るショップや、

「日本人女性のための植物の薬箱」として日本人女性におすすめのアロマやハーブも紹介されています。


また、フランスのハーブ薬局(エルボリストリ)も多く紹介されています。

読みやすく、
パリで行ってみたい方にもガイドブックになりますね^ ^


連休最終日。
みなさんはどんなお休みでしたか。

私は、本音と向き合って自分を知るゴールデンウィークでした。

本音ときちんと向き合うことは、なかなかしんどいものです。

私でも気付かなかったような、黒い部分も出てきました 笑。

そんな自分を、一度認めてみる。
こんな自分もいるんだな、ってただ感じる。


その後に、好きな香りやハーブティーを選んだり、
セルフマッサージをしたり

自分を慈しむ。


そうすると、心がじわじわ温かくなってくるのが分かります。

これが、自分を愛する方法の1つでしょうか。


自分と向き合う時、慈しむ時、
植物は必ず力になってくれますね。