読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

les feuilles

ルボア卒業生AMPP認定マスター/メディカル・フィトテラピストによるフィトテラピーな毎日

フィトリップ、マントン編♡

皆さま、こんばんは、Yuki☆です。

 予告していたフィトリップ日記、

最初に訪れたマントンMentonという街について、からスタートです♪

 

 f:id:les-papillons-roses:20160707012946j:plain

 

マントンは、コートダジュール(紺碧海岸)沿い、イタリア国境に接した街です。

レモンの街として知られ、オレンジやその他柑橘類も有名で、

毎年2月から3月には、たくさんのレモンやオレンジを使ったオブジェが街を彩る、

レモン祭りが開催されます。

f:id:les-papillons-roses:20160707012655j:plain

 

f:id:les-papillons-roses:20160707012444j:plain

f:id:les-papillons-roses:20160707012508j:plain

(以上3点、写真はinternetより拝借)

 

f:id:les-papillons-roses:20160707013216j:plain

↑『世界の車窓から』よろしく撮った、ニースーマントン間の列車内。

f:id:les-papillons-roses:20160707013032j:plain

コートダジュールの車窓風景!

 

午前中にマントンに着いたら、早速、街中散策。

蜜蜂製品専門店があったり、

MOF(最優秀職人賞)を取ったショコラティエのお店があったり、

プロヴァンスコートダジュールらしいお土産屋さんがあったり・・・

中でもやっぱり多いのは、特産、レモンを使った製品。

 

f:id:les-papillons-roses:20160707014156j:plain

↑「レモンの国(地方)にて」・・・まさにレモンフィーバーなお店でした!

f:id:les-papillons-roses:20160707014211j:plain

↑マントン産のレモンは、日本のスーパーで見るレモンより、

大きくてごつい?印象でした!

Association pour la promotion du citron de Menton、

マントンレモン促進協会によると、

「レモンの中でも一番甘い(マイルド)!」とのこと。

 

精油やオーデコロン、石鹸など、香りにかんするものがいっぱい!

f:id:les-papillons-roses:20160707014337j:plain

(以下、↑の訳文です)

マントン産のレモン精油・・・マントンにしかありません!

特徴:

ー自然免疫を強め、代謝機能を強化する

ー血行促進、血液さらさら

ー細胞組織の若さを保つ、抗老化

ー抗ウイルス

ー肝臓強壮

使用方法:

ー1~2滴の精油をお使いのデイクリームやボディークリームに

ー植物性の油(キャリアオイル)に混ぜて

ー空気中に拡散させる

料理のお供に:

カクテル、シャーベット、シーフード、エキゾチックな料理、お菓子、

シロップに入れて、クレープ...

 

・・・普通にお料理にも使う!というのが、フランス流!?

さすが、美食(ガストロノミー)の国、フランスです。

 

もうひとつ、ガストロノミーなネタを。

Shinobuさんが見つけられて、購入しようとしていた矢先、店員さんが

「このタルトの中身=レモンカード、試食できますよ」と!

ってことで、試食したら、超美味!!!感動!!!

f:id:les-papillons-roses:20160707014354j:plain

ふと壁を見たところ、なにやらセレブなパティシエかキュイジニエ

コラボしている様子。

 f:id:les-papillons-roses:20160707014440j:plain

f:id:les-papillons-roses:20160707014501j:plain

シリル・リニャック氏・・・帰国してフランスのお友達に聞いたら、

「彼は今流行りの有名人だよ!」とのこと。

調べたら、それはそれは華麗なるご経歴の持ち主でした!

パリ15区「Le Quinzieme」(ミシュラン1つ星)のシェフであり、

その他同じくパリ市内でレストランやパティスリー、ショコラトリーも展開、

フランスのテレビ局・M6では数々の料理番組に出演し、

レシピ本も多数出版してるスターシェフだったのでした!!!

フランス版「ジェイミー・オリバー(イギリスのスターシェフ)」と、

一躍有名になったとのこと。

・・・おみそれしました・・・。

 

f:id:les-papillons-roses:20160707030447j:plain

↑他にも、マントン産の柑橘類を使ったお酒

リモンチェロ(種類もいっぱい)があったり、

(さすがはイタリア国境の街ですね♪)

マントン産レモンを使ったマスタードやタプナード、お菓子類など、

初日からどれをあきらめようか。。。と迷うくらいの魅力的なものばかりでした!

 

ランチに入ったレストランも、なんだかんだとレモン尽くし。

f:id:les-papillons-roses:20160707032004j:plain

↑レモンのノンアルコールドリンク。

Kimieさん、Shinobuさんと、スタートの乾杯!サンテ!

f:id:les-papillons-roses:20160707032019j:plain

↑お手拭きまで、レモン!

f:id:les-papillons-roses:20160707032035j:plain

↑お皿にも、ところどころレモンが乗ってます♪

 

マントンは、個人的にも大好きな、

詩人、ジャン・コクトー氏のゆかりの地でもあります。

曜日の都合上、今回は、彼が装飾したマントン市役所の「結婚の間」を見学に。

f:id:les-papillons-roses:20160707023914j:plain

↑市庁舎入り口。

f:id:les-papillons-roses:20160707023930j:plain

↑市庁舎の入り口から入ると見える、シャンデリア?

可愛いかったので♪

 

結婚の間Salle de mariageは、撮影禁止だったので、

帰りに購入したポストカード(一部ですが)で雰囲気だけでも。。。

f:id:les-papillons-roses:20160707024346j:plain

↑全体像・・・全面に絵が描かれてます!

f:id:les-papillons-roses:20160707024404j:plain

↑マントン市の衣装?帽子を着けた新郎新婦。

f:id:les-papillons-roses:20160707024424j:plain

↑ユリやアロエなど、フィトテラピスト的にもワクワクな絵もあり☆

 

16年前に初めて訪れて以来、今回は3度目ですが、来るたびに

「いつかここで結婚証明書をもらいたいな~」と言っています。

果たして、この夢はいつ叶うのか???笑

 

夕方には、200種類くらいのジャムや食事系の保存食を作る、Confitures Herbinへ。

中では製造工程を見学させてくれたり、

試食し放題!のコーナーがあったりします。

f:id:les-papillons-roses:20160707030238j:plain

f:id:les-papillons-roses:20160707030324j:plain

f:id:les-papillons-roses:20160707030335j:plain

f:id:les-papillons-roses:20160707030346j:plain

f:id:les-papillons-roses:20160707030359j:plain

f:id:les-papillons-roses:20160707030409j:plain

ジャムは試食だけで胸までいっぱいになってしまい、笑

結局購入したのは、マントン産のレモンを使った塩レモンコンフィでした!

 

これまでの写真だけ見てると、ほとんど食べてるだけじゃないか!

と思われそうですが、結構歩きもしました!

f:id:les-papillons-roses:20160707031707j:plain

↑このまま果てしなく歩けば、イタリア入り!?

f:id:les-papillons-roses:20160707032535j:plain

f:id:les-papillons-roses:20160707032548j:plain

f:id:les-papillons-roses:20160707032513j:plain

f:id:les-papillons-roses:20160707032526j:plain

海沿いを歩きながら・・・カフェのテーブルセッティングを見ながら歩くのは、

とっても気持ちよかったです♪

(やっぱり食ネタ!ですね、私は^^;)

 

そんなこんなで、マントンでの1日は、あっという間に過ぎていくのでした。。。

(南仏は、21時くらいまでは明るいので危うく終電を逃す勢いでした・・・!)

 

先日、Confitures Herbinでいただいた塩レモンコンフィを使って、

鶏肉と塩レモンとオリーブを使ったタジンを作ってみました!

(フランスのレシピサイトのものを参考にしました)

f:id:les-papillons-roses:20160707033326j:plain

f:id:les-papillons-roses:20160707033342j:plain

f:id:les-papillons-roses:20160707033455j:plain

サフランは、パリのボンマルシェで購入した、イラン産のものを使用。

 

f:id:les-papillons-roses:20160707033636j:plain

鶏肉とオリーブ、塩レモンのタジン

材料:

鶏肉 500~600g(私は骨付きもも肉1本と、普通のもも肉1枚を半分に切ったものを使いました)

にんにく(つぶす)2かけ

玉ねぎ(極細切り)1.5個

ウコン(ターメリック)小さじ1/2

ジンジャーパウダー 小さじ1/4

サフラン 1.5つまみ

シナモンパウダー 0.5つまみ

コリアンダー(刻んだもの)大さじ1/2~1

落花生(なければオリーブ)オイル 75ml

バター 75g

レッド(なければグリーン)オリーブ 125g

塩レモンコンフィ 1/4~1/3個分

塩・コショウ 適宜 

 

作り方:

タジン鍋に落花生(なければオリーブ)オイルとバターを入れ、玉ねぎ、ニンニクを4~5分炒める。

②ウコン、ジンジャーパウダー、シナモン(ほんの少し)、サフラン、こしょう、塩(塩レモンに塩分があるので、ごくわずか)、コリアンダーを入れ、馴染ませる。

③鶏肉を入れ、玉ねぎの部分にマリネするかのように馴染ませ、鶏肉以外の部分に水を足し、45分間、弱火で煮込む。

④刻んだ塩レモン。、レッド(なければグリーン)オリーブを入れ、5分ほどさらに煮込んで、出来上がり。

*モロッコ風は、おいしいパンを添えて。

*フランス風は、ポテトピュレ、ご飯、野菜などと食べる。

 

・・・私は、タジンの本場?モロッコ風に?パンを添えました。

パリから帰国直前に、6区のBread&Rosesの

グルテンフリーのパン(7種類の粉が使われているそうです)を

帰国後すぐに冷凍しといたものを解凍して、添えました。

f:id:les-papillons-roses:20160707033727j:plain

オリーブオイル&バター・・・植物性&動物性の油を結構使ってますが、

気になる方は、油の量を減らして水を増やせば良いと思います!

 

塩レモンに関しては、Shinobuさんが、詳しく書いてくださってます♪

 

lebois-medi02.hatenablog.jp


私も、もっといろいろ試してみたいと思います(^^)/

 

《参考文献》

・ Cyril Lignacについて

https://fr.wikipedia.org/wiki/Cyril_Lignac

http://www.french-code.com/paris-gourmet-news-05

・鶏肉&オリーブ&塩レモンのタジンのレシピ

www.750g.com