les feuilles

ルボア卒業生AMPP認定マスター/メディカル・フィトテラピストによるフィトテラピーな毎日

golden berry?

食用の”ほおずき”をもらいました。
皮ごと乾燥された可愛いいほおずき?
f:id:lebois_medi02:20161010195219j:image

”ほおずき”というと日本では「ほおずき市」を思い浮かべ、あまり食べるイメージがないかもしれませんが、フランスやイタリアでは食用として広く親しまれています。
食用ほおずきは、南米のペルー原産(欧州という説も)、糖度は12〜15度と高くフルーティーな独特の香りと味が特徴です。

 

太陽の恵み一杯の”太陽の子”?
私がいただいた食用ほおずきは、信州、原村の「農園縁側」の”太陽の子”。日本で大切に育てられています。
「糖度12〜15度の甘酸っぱいほおずきは、ビタミンAや鉄分が豊富でコレステロールを減らす効果も!
健康に良し、美容に良し、味はもちろん良し!の”畑のフルーツ”です。」

e-mail: toda24@po31.lcv.ne.jp
※農園縁側のリーフレット参照。


嬉しい効果を調べてみました?
ビタミンAがたっぷり?
活性酸素を抑え動脈硬化心筋梗塞などの生活習慣病から体をまもり、がん予防にも貢献すると言われるビタミンAが沢山含まれています。

鉄分補給にも?
成人が一日に摂取すべき鉄分の量は男性で7.5mg女性では10.5mgといわれていますが、女性は不足しがちです。ほおずきは、そんな鉄分もしっかりと含まれています。

イノシトールも豊富?
イノシトールは、神経細胞や筋肉組織を構成するビタミンBの一種で、身体にとても大切な栄養成分です。
そのイノシトールが豊富に含まれているため肝臓によく、体内に不要なものをためない働きをし、美容・健康の両面に効果をもたらします。また、気分を落ち着ける作用や、脂肪の蓄積を防ぐ効果、そしてアンチエイジング作用も期待できます。特に保湿効果が高く、シワやたるみの改善に働きかけるとして、様々な化粧品への配合が研究されているそうです。


スーパーフード?
golden berryとしてスーパーフードでもお馴染みです。乾燥されているので、小腹がすいたときの”おやつ”として持ち運びに便利です?
f:id:lebois_medi02:20161010195252j:image

f:id:lebois_medi02:20161010195344j:image
ナッツなどとMIXされていると、色々な味を楽しめます‼︎

f:id:lebois_medi02:20161010195355j:image


爽やかな味わいのほおずきを蒸しパンにしてみました✨いちご蒸しパンのレシピを利用して、いちごをほおずきに、そして米粉を玄米粉に変えて作りまた。生地のシットリ感がイマイチだったので、カシューナッツクリームを添えましたが、クリームと蒸しパンが同じ色になってしまいました(笑)
f:id:lebois_medi02:20161010195433j:image

 

いちごの蒸しパン
材料(口径8cmのマフィン型シリコンカップ4個分)
A 米粉 120g
アーモンドパウダー 10g
ベーキングパウダー 小さじ2/3
塩 ひとつまみ
B 豆乳 50ml
100%りんごジュース 50ml
てんさい糖 大さじ2
いちご 55g
①大きめのボウルにAの材料を合わせて混ぜる。
②別のボウルにBの材料を合わせて混ぜる。
③①に②を加えて混ぜ、いちごはへたを除き、荒く潰したいちごを加えて混ぜる。
④シリコンカップに③を分け入れ、蒸し器で約25分蒸す。


グルテンフリーのお菓子 」参照