読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

les feuilles

ルボア卒業生AMPP認定マスター/メディカル・フィトテラピストによるフィトテラピーな毎日

農作業一年生!

cottonsnowです。春の嵐やら、急に初夏の陽気やら、目まぐるしい移り変わりですね〜。

暖かくなってきて、世の中も活動的になってきたこの季節、私はというと…、農園に通い始めました!

 

私の住んでいる世田谷区は、23区内では練馬区に次いで農業が盛んなのです。近所には小規模ながら畑があちこちにあります。野菜の直売所も多く、旬の野菜が安く購入できるんです!

 

f:id:cottonsnow151e:20170419201049j:image

春先にはふきのとうも並びます。100円と安くて大人気なので一袋しか残っておらず、さみしい写真ですが笑。

 

f:id:cottonsnow151e:20170419201211j:image

区の総合支所でもサラダ菜が買えちゃいます!こちら、支所の総合窓口前にある冷蔵庫兼販売機!

 

そんな環境に暮らしていて、ふと、「新鮮な野菜を食べられるのもうれしいけど、フィトテラピー的にはもっと現場も知りたい、畑のお手伝いなどできないだろうか?」と思い、区の広報などをチェックしていたところ、毎年春と秋に「農作業体験塾」という取り組みがあるらしく、これだ!と、申し込んでみました。

 

広報に載っていた農園何ヶ所かのうち、うちから通いやすい農園に目星をつけ、区のコールセンターに電話してみたところ、私の希望する農園は人気が高く、2名受け入れのところ、私でもう8人目…。いちおう、5名受け入れの農園も第2希望で併願し、抽選結果を待っていると…、

当選ハガキが届きました!第1希望の農園さんに当選の通知です!

 

 

…ということで、今月から3ヶ月間、週一回の午前中に近くの農園でお世話になることに。

f:id:cottonsnow151e:20170419221545j:image

こちらでは、主にお花をハウスで栽培しています。

 

中に入ると、母の日前の出荷を待つカーネーションでいっぱい。 

f:id:cottonsnow151e:20170419221847j:image

ちなみに赤い色の品種は改良されてできたもので、もともとはローズっぽいピンクの品種が親、なのだそうです。だから、赤の中に色違いのローズピンクが混じっていることも。写真でもわかりますね~(カーネーション豆知識)。

 

初回は世田谷区の都市農業課の職員さんもみえて、園主さんと一緒に事業の説明やボランティア保険の手続きなどを最初に行います。

 

区の事業に積極的に関わってきた園主さん。いままでにも体験生を多く受け入れてきているそうです。塾生さんたちは3ヶ月で終わらず(というか、園主さんが卒業させてくれないらしい笑)、ずっと通っている方が多いとのこと。最初はお花の栽培体験のみだったのが、野菜もやってみたいとの声を受け、最近では野菜も作りだしていて、今年は1月からみんな集まって作業しはじめたのだとか。

 

 

さて、記念すべき最初の作業は、枝豆の種まき。といっても、畑に直接まくのではなく、セル状になっているトレイの穴部分に土を入れ、そこにひと粒ずつまいていきます。 

先にこうして苗を育ててから畑に植えた方が安定して良く育つそうです。 

f:id:cottonsnow151e:20170419224738j:image

種が青いのは、殺菌の薬が塗布されているから。生育過程で分解されるため、成長すると成分は残らないとのこと。びっくりすることもあるけど、実際を知ることも必要。

 

想像していた畑仕事と違い、セルにひと粒ひと粒小さな種をまく作業は、目と肩が疲れる作業でした。2回目に行ったときの、やはりセルトレイで育っているお花の苗への肥料やりも、同じ感じ。細かな作業も多い農作業の苦労がわかりました。

 

それでも、実際に種をまいた後、順調に育っているのを見ると、うれしくて、愛おしく感じます。

 

f:id:cottonsnow151e:20170419225526j:image

種をまいて2週目の枝豆。発芽して、伸びてきています!!

 

そして、週が明けた次の火曜日には…、

f:id:cottonsnow151e:20170419225745j:image

こんなに青々した葉が!!

 

 

ということで、3週目でここまで育った苗を、畑へ植えつけしました!

 

f:id:cottonsnow151e:20170419225920j:image

ビニールを張った畑に穴を開けてもらったところへ、育った苗をひとつひとつ植えていきます。

 

f:id:cottonsnow151e:20170419230033j:image

 

苗を穴に入れて、まわりの土を寄せて植えるのですが、風が強かった日ということもあり、なかなかまっすぐに立ってくれない。。。園主さんはいともたやすくやっているのだけど…、そこは農作業一年生、まだまだ未熟です。それでも、土を触る感覚は楽しいです!

 

この日はトマトの苗も植えましたよ〜。

 

f:id:cottonsnow151e:20170419230457j:image

すっごく元気に伸びたトマトの苗! 

 

植えつけの前に、わきから伸びている脇芽を摘むのですが、摘んだ脇芽やそれを触った指先から、トマトの青いにおいがして癒されます。これもアロマテラピー

 

黄色くて小さな花もかわいい☆「花を揺らしてあげるだけで、受粉するんだよ」と園主さんが教えてくれました。

 

f:id:cottonsnow151e:20170419231126j:image

畑の土に目印をつけて穴を掘り、そこに水をやります。陽射しも強いので、わりとすぐに土が水を吸収していきます。そこへ、苗を植え、支柱へ固定。

 

f:id:cottonsnow151e:20170419231312j:image

 

黙々と作業に集中するときもあるけど、みんなでワイワイやっているうちに着々と進んでいきます。

 

f:id:cottonsnow151e:20170419231429j:image

 

花の向きを通路側に向けて植えてね〜、など、いろいろ注意点を教えてもらいながら、トマトの植えつけも終了!

 

f:id:cottonsnow151e:20170419231557j:image

ずいぶんにぎやかになった畑!

 

ここからは全部無農薬で育てていきます。

「ここの枝豆、おいしいのよ〜」「今年はトマト三昧だね〜」と、先輩方から聞いて、夏の収穫がいまから待ち遠しいです!

 

f:id:cottonsnow151e:20170420012408j:image

ハーブの苗も扱っているので、今後寄せ植えか何か体験できるかも。楽しみ!

 

 

…農作業に実際に関わってみると、体力や根気が必要で、大変な作業が多いのだと身をもって知りました。かがんで作業した午前中だけで、そのお昼には筋肉痛…、もっと体力つけなくちゃ。。。

 

植物の力については、机の上でたくさん学んできましたが、実際の農作業や園芸は一年生。知らないことも多く、園主さんや先輩方には教わることばかり。でも、それだけに、毎回が新鮮です。なにより、植物が育っていくのをみるだけで、元気をもらえます。

 

f:id:cottonsnow151e:20170419224930j:plain

すくすく育っているお花ちゃんたち。 どんな花が咲くのだろう?

 

作業を通じて、農園の方の苦労を知り、地域への愛着もわくこの事業。フィトテラピストとしても、実際に土に触れて、野菜や花を育てる経験を通じて、植物への愛や理解が深まる貴重な機会。わくわくしています!

 

今後も、植物愛あふれる農作業レポートを折々にお送りしていきます!お楽しみに〜☆

 

f:id:cottonsnow151e:20170419232857j:image

初回に収穫した、水菜、からし菜、サラダほうれん草、ラディッシュ。みずみずしくておいしかった!