les feuilles

ルボア卒業生AMPP認定マスター/メディカル・フィトテラピストによるフィトテラピーな毎日

Treatment - Hair (vol.1)

Hair。ヒトの頭部に生える毛について、
この壮大なテーマに取り組むには一回の投稿ではとうてい
足りません。
Hairの悩みを持つヒトは多いのですもの。
書きたいこともたくさんあります。
 
頭皮は敏感。
ストレスを感じたり忙しくてケアを怠ると
頭皮がかゆくなることも。
 
私は頭皮に刺激を与えると湿疹になりやすい体質のため、
悲しいことにカラーリングやパーマがNGです。
美容師さんにお願いすることは
 「カット命です。」
 「絶壁に見えないよう立体的にお願いします。」
のみ。あとは完全にお任せしています。
100%信頼しきっているのであとは何も気にしません。
しょせん髪の毛は言うこと聞いてくれないのですから。笑
 
さて、
 
カット当日以上に自分で上手にスタイリング出来るか?
答えは禿げしく否。右手にドライヤー、左手の手ぐしで
プロが施すスタイリング以上に上手に出来るわけがありません!
 
カットした日をピークにあとはどんどん頭髪は伸びて
次のカットまで放置になるのです。
 
Image 憧れのHair
f:id:kayont:20151202235816j:plain
どうしたら実力以上の髪を保てるか?
 
 
考え、探し、試した末、見つけました。
 
 ➕ 地肌にやさしいシャンプー 
 ➕ 髪の潤いを保つリンス
 ➕ 髪の毛にハリとツヤを与えてくれるトリートメント
 
基本的なことでした。自分が頑張らなくても
プロダクトが頑張ってくれているのです。
 
ソリューションは…自然や植物の力に頼る
「他力本願」な日々のトリートメントなのでした。
 
シャンプー・リンス・トリートメントは
しょっちゅう替えるほうです。でも、今回紹介するものについては
1年続いています。続いている理由は
 頭皮のかゆみが明らかに改善された事、
また水分・油分のバランスがよくなり、
軽すぎず重すぎず丁度よい状態になったこと。
 
➕ 地肌にやさしいシャンプー 
鍵は必須ミネラル16種のひとつ、亜鉛(Zinc)にありました。
また頭皮の油分バランスを整えるセージによって、頭皮の状態が程よく整います。
 
 
➕ 髪の潤いを保つリンス
アボガドに含まれるVB6はたんぱく質が毛髪になる働きを促進、
不飽和脂肪酸オレイン酸は皮膚への浸透性を高めるので頭皮の老化を防ぎつつ
育毛促進が期待されます。
 
f:id:kayont:20151203000327j:plain
 
➕ 髪の毛にハリとツヤを与えてくれるトリートメント
miel とは蜂蜜のこと。蜂蜜とハイビスカス配合のトリートメントを
この季節は週2回使います。蜂蜜が持つ殺菌力や保湿力が頭皮を清潔に
保つだけでなく乾燥を予防する効果も期待できます。
ハイビスカスは白髪の予防、髪の色を濃くする効果が期待され、
アーユルヴェーダで昔からヘアケアに利用されてきたそうです。また
頭皮の血行促進も期待できます。これを使った次の日の髪はしっとりして
調子よいです。(パサつきが気になるときはこれに月見草油、アマニ油、
ラベンダー、ローズマリー葉の精油 etc.ブレンドの精油を2滴加えて使います。)
 

f:id:kayont:20151203000418j:plain

 

髪の毛は個人差が大きいので、これが皆さんにオススメ!

とは言い切れませんが、植物の力を借りて綺麗になる、

フィトテラピーを取り入れたプロダクト選びのヒントになればよいです。

 

Leboisの羅漢和シャンプー・コンディショナーも使いました。

こちらも素晴らしいプロダクトです!

?シャンプー
ローマカミツレエキス・アルニカエキス・メリアアザジラクタ葉エキスなど11種類の植物エキス配合。頭皮ケアをしつつさっぱりと洗い上げます。
?コンディショナー
髪1本1本のキューティクルへ素早く浸透し、毛先までしっとり保湿。乾燥や静電気などによる枝毛・切れ毛から守り、まとまりのある落ち着いた髪へ導きます。

 

静電気、いやですね。冬もしっとりサラサラヘアで過ごしたいものです。